KOTOKO-Sociometry
作詞:KOTOKO
作曲編曲:C.G mix

 

(いの)る天星(てんほし)
夢幻(むげん)のような時(とき)が止()まる…(・・・)
いつか届(とど)きますか
?
空白(くうはく)だらけ もつれる声(こえ)

(せん)の惑星(わくせい)
(つな)いだように付()かず離(はな)れず
ため息(いき)つくたび (くず)れて行()くバランス(ばらんす)
(かさ)ねた時間(じかん)を確(たし)かに感じたのに
(むね)の紅蓮(ぐれん)で疼(うず)くのは 天地不明(てんちふめい) paragramme

(くん)

の言葉 (ことば)をそっと繰 ()り返 (かえ) した
()っ直()ぐに手()を伸()ばして 過去(かこ)も未来(みらい)も触()れてみたい
()ける思(おも)いに懸()けた今(いま) I believe

 

積もる鬱事(うつこと)
平凡(へいぼん)な今日(きょう)を愛(あい)し始(はじ)めた
鼓動(こどう)の限界決(げんかいき)めて何(なに)が出来(でき)るの?
(すす)むと誓(ちか)った気持(きも)ち嘘(うそ)じゃないのに…(・・・
)
(むね)の紅蓮(ぐれん)を貫(つらぬ)いた 彼女(かのじょ)の声(こえ) epigram

恐れ断()ち切() (くう)を睨(にら)みつけた
(いのち)さえ差()し出()せると頷(うなず)き合()う小(ちい)さな影(かげ)
(まも)るもののため (こわ)してく irony

 

落ちた薄片(はくへん)
風雪(ふうせつ)のような時(とき)が止()まる…(・・・)
(むね)の紅蓮(ぐれん)で軋(きし)むのは 不揃(ふぞろ)いに並(なら)ぶ 
tangram
愚問投げ捨() ふっと振()り返(かえ)れば

()っ直()ぐに瞳向(ひとみむ)けた いつかの声(こえ)が甦(よみがえ)
出逢(であ)うその意味(いみ)を知()りたくて I cleave

創作者介紹

折翼之流

G毛 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()